TOP > 豊胸手術 > 手術の内容で決めたい豊胸

手術の内容で決めたい豊胸

複数ある豊胸手術の中から選ぶ時には、その内容も考慮して決定したいですね。
その中でも、術後の苦痛やリスクの大きさなどは確認したいですね。

結果としては同じ様に胸を大きくする手術ですが、豊胸の方法というのはかなり違ったものがあります。自分はどの様な点を重視したいのかという事を考えて選びたいですね。

何より見た目を重視したいのか、リスク面を重視したいのか、痛みやダウンタイムを考慮したいのかという事によって選ぶ手術はきっと違ってくると思います。

聞きたい事がある場合には、遠慮する事なく医者に相談してみるといいでしょう。
かなり大きな判断だと思いますので、よく考えて答えを出しましょう。

豊胸手術、一石二鳥ならこちら

豊胸手術の施術を受ける時に他の美容整形も一緒に受けることができれば一石二鳥でとてもいいと思いませんか?そこでおすすめの施術が脂肪注入による豊胸手術です。こちらはどういった施術なのかといいますと、今体についている余分な脂肪を取り除いて、その取り除いた脂肪を胸に動かすというものです。

つまりダイエットしたいなと思っていた所は理想のラインを得ることができて、かつ胸は大きくすることができるというまさに一石二鳥の施術なのです。一気に2つの施術を受けるため、やはり体への負担も大きなっていますが、最近ではできる限り負担を減らした施術もでてきています。

豊胸手術のダウンタイムの過ごし方

美容整形、脂肪注入による豊胸手術が完了した後の、ダウンタイムはどのような感じなのでしょうか?まずできれば施術の次の日は仕事なども休んで1日安静にしておきたいところです。腫れや痛みが出ますし、人によっては熱が出てしまう人もいるようです。

万が一あなたが営業さんなどでしたら体力が消耗されてしまう夏などに受けるのは避けた方が無難でしょう。術後3日ほどたてば日常生活は送れるようになりますが、やはりだるさなどは残っているので無理は禁物です。事務職の場合には体を酷使するというのはないと思いますが、集中力が必要とされると思いますので、適度に休憩しながら進めていきましょう。

豊胸手術、夏前に需要が上昇

夏が近づくと、百貨店などに水着売り場が設置されます。それと同時に水着を着る側は、どうしたらキレイに水着を着られるかに気を揉むことになります。美容整形でも、ムダ毛処理とともに豊胸手術の需要が高まっていきます。

最近はサイズを大幅に大きくしたいなら、メスで切ってシリコンバッグを挿入しますが、それ以外はメスを使いません。注射でヒアルロン酸を注入したり、自分の脂肪を吸引して脂肪注入をすることもできます。メスを使わないので出血はほとんどありません。傷痕も目立たないほど小さいです。そのため、腫れや痛みも最小限まで抑えることができます。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

豊胸関連

脂肪吸引、豊胸などの美容整形の情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

脂肪吸引、豊胸術などの美容整形の情報が疑問点はお近くの美容外科クリニックでお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には多くの大手の美容外科があります。多くの美容外科の中からあなたにあった美容外科クリニックをお探しください。

メニュー

TOP 豊胸手術 脂肪注入 手術の内容で決めたい豊胸 脂肪吸引 静脈麻酔を使った美容整形の脂肪吸引

コンテンツメニュー
美容外科の選べる豊胸手術
切らない豊胸施術方法とは
脂肪注入術が人気
寒い季節に豊胸を行う
手術の内容で決めたい豊胸
安全性に配慮した献血豊胸
短時間で豊胸の手術を終える
健康の事を考えて豊胸する
お気に入りリンク
日帰りで可能な脂肪吸引
効果を実感できる美容整形での脂肪吸引
静脈麻酔を使った美容整形の脂肪吸引
1回で終了する美容整形の脂肪吸引
顔にもできる美容整形による脂肪吸引

お気に入りリンク