TOP > 豊胸 > 安全性に配慮した献血豊胸

安全性に配慮した献血豊胸

異物を胸の中に注入して胸を大きく見せる豊胸手術が長い間行われていますが、異物が体内にあるという不快感があるという人もいます。また、異物が体内に入る事で拘縮ができてしまう人もいます。

ですので、新しい方法の中には自分の体の一部、例えば脂肪などを使用して胸を大きくするという手術も行われています。

更に脂肪だけではなく、自分の血液を利用した献血豊胸というのもあります。血液は液体ですので、定着しませんので血液をジェルにするそうです。そして、胸に注入するのでずっと同じ場所に自分の血液が定着するそうです。

血液の採取はとても簡単ですので、不安になる事なく安心して受けられそうですね。

豊胸手術後は矯正下着が必要?

脂肪注入による豊胸手術だけではありませんが、豊胸の美容整形を受けた後にはダウンタイムが発生します。人によって期間は異なっているのですが1週間前後が平均と言われているようです。また豊胸した後には矯正下着の着用が必要とされています。

一度大きく下胸を形崩れがないようにして整えていくためです。しかしこちらなのですが普段私服で仕事をしている人はいいのですがシャツなどの制服がある人にとってはばれる可能性が高くなるアイテムでもあります。そのため事前にどういった言い訳をするのかを考えておいた方がいいでしょう。冬であれば長袖で隠れてしまうと思いますので施術を冬に受けるのも手です。

豊胸関連

豊胸手術のメリットを知りたい!

美容整形の脂肪注入による豊胸手術を受けるメリットは一体どういった所にあるのでしょうか?確かに痩せるのは自分の力だけでは難しいかもしれませんが、大きくするというのはやろうと思えばできないこともない気がしてしまいます。

しかし実は自分が望んでいる所だけを大きくするというのは非常に難しいことで、脂肪をつけたくなかった所についてしまって、肝心の胸には全くつかなかったという話もよく聞きます。痩せつつ胸を大きくしたいという場合それでは本末店頭です。しかし美容整形を受けてしまえばそういった失敗がなくなり、すぐにでも理想の体を手に入れることができるのです。

豊胸手術の後はどれくらい痛みがあるの?

美容整形はどういった施術でも術後のダウンタイムが出ます。それは体を通常の形と異なった形に変形させたり、吸引したり、増やしたいということをしている以上我慢するしかありません。

しかしでは実際どれくらいの痛みが出るようなものなのでしょうか?痛みの程度は人によって大きく異なってきます。寝込んでしまうほどの痛みがある人もいますし、思っていたよりも平気だったという人もいるでしょう。また腫れもでやすい人と、でにくい人がいるのですがこちらは完全に体質によるところが多いです。脂肪注入の豊胸手術の場合には吸引と注入、同時に行うことになりますのでダウンタイムも通常より長くなります。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

メニュー

TOP   豊胸   脂肪注入   手術の内容で決めたい豊胸   脂肪吸引   静脈麻酔を使った美容整形の脂肪吸引

脂肪吸引、豊胸などの美容整形の情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

脂肪吸引、豊胸術などの美容整形の情報が疑問点はお近くの美容外科クリニックでお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には多くの大手の美容外科があります。多くの美容外科の中からあなたにあった美容外科クリニックをお探しください。

コンテンツメニュー
豊胸
切らない豊胸施術方法とは
脂肪注入
寒い季節に豊胸を行う
手術の内容で決めたい豊胸
安全性に配慮した献血豊胸
短時間で豊胸の手術を終える
健康の事を考えて豊胸する
お気に入りリンク
脂肪吸引
効果を実感できる美容整形での脂肪吸引
静脈麻酔を使った美容整形の脂肪吸引
1回で終了する美容整形の脂肪吸引
顔にもできる美容整形による脂肪吸引

お気に入りリンク